【露出狂】JKですが、初めて露出に目覚めたときの話をします・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者女性は高校生。誰にも言えない楽しみがあった。それは露出プレイ。と言っても大っぴらに露出するわけではない。男性が凝視するギリギリのラインで露出するのだ。初めて露出に目覚めたのは大雨の日、濡れた制服姿を凝視する中学生男子を見た時だった・・・。

roshutu

私には誰にも言えない楽しみがある。
ほぼ毎日学校が終わると暗くなるのを待って楽しんでいる。

自分がこの趣味にハマってゆく過程ではその異常な感じに相当悩んだけど、いまではこれ無しでは生きていられない。日課のようなものだ。

自分の特殊な趣味に気づいてしまったのは昨年の初夏。
部活で帰りが遅くなったその日、天気予報では雨の確率0%だったんだけど突然の豪雨。

夕方から天気は怪しかったけど最寄り駅と自宅の中間にある大きな公園を横断している最中に、どんどんあたりが薄暗くなりあっという間に土砂降り。

制服の薄手のシャツと膝上に詰めたスカートはずぶぬれで、とくに白いシャツは下着も透けて私はそれを隠すように身を屈めて公園内を走ってた。

公園を抜ければすぐに自宅。
そう自分に言い聞かせて恥ずかしさと通り過ぎる人の好奇の目線に耐えながら走った。

公園のまんなかまでくるとさすがに人通りも少なくなり、息が上がり始めた私は少し足を緩める。
中央広場にさしかかる頃さすがに走り続けて限界。
立ち止まり膝に手をつきはぁはぁと息つく。

ふと視線を感じる。再度胸の前を隠すように腕で覆いあたりを伺うと、ちょと離れたところに自分もずぶぬれなのに私を見つめる地元中学の制服を着たの男の子。

私を見てる。そう思うと、なんだか変な気分になってしまった。
このときはちょっとした悪戯心だった。「はぁー」っと声を上げてしゃがむ。

彼は下着が透けた胸とスカートの中を交互に凝視する。私は恥ずかしいはずなのに「もっと見られたい」と思っている自分に気づいてしまった。

前屈みになり、胸元を見えるように…。彼も動かない。妙な沈黙。
あの子、絶対今エッチなこと考えてる…。頭がジンジンしてきた。
なんだか急に恥ずかしい気持ちが蘇ってきて、走り出した。

ずぶぬれのまま家に上がり、母が用意してくれたタオルを受け取ると部屋に入り体を拭いた。
ドキドキが収まらない。全身ずぶ濡れ。
自分でもわかっていたけど、下着の中に手を入れて触ってみるとやっぱりヌルヌルに濡れてた。
この日から、昼も夜も他人の目が気になって仕方ない、見られるのが好きな子になってしまった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする