【近親相姦】天然マッマ「男の子ってオナニーするってホント?」→僕「見てみたい?」→結果・・・・・・・・・





【体験談】母と二人で旅行へ行った投稿者男性。母が急に「男の子ってオナニーするってホント?」と言いだした。どうもテレビか何かで観たらしい。からかいたくなってしまい・・・・

mamma

それは唐突なことだった。
母と二人旅行に来た日の出来事である。
泊まったあるビジネスホテルでの母の一言からだった。

「男の子ってオナニーするってホント?」
僕は何を言い出すのかと思った。

「この前テレビでやってたから」
だからと言って息子に直に聞く母親はいないだろう。
「まあ、年頃の男子は普通するよね。」
そうありきたりに答えた。

「ふーん」そう答える母に「なんで?」
「いやどうやるのかなーって」
この人の頭はどうなってるんだろうと思う反面少しイタズラ心が芽生えた。
「チンチンを擦るんだよ」というと「へー」と不思議そうな母。

「見てみたい?」と冗談半分に言ってみた。
「!?」と一瞬顔を引きつらせるが無視をして話を進ませる。
「ちょっと準備をしてくる」と何かを言おうとした母を無視してトイレへ入った。

僕は何考えてをいるんだろうと思いつつ、トイレットペーパーを用意する。
部屋絵戻り母の座る椅子の前にTシャツとトランクス姿で立つ。
母はの視線はどこを向けているかわからない。
おもむろにトランクスを脱ぐ。

「お母さん、こうしてチンチンを擦るんだ」と擦りながら言う僕。
母は目を背けたまま…。

「お母さん、ちゃんと見て…」
そう声をかける。
(本当に僕は何を考えているんだろう)そう頭をよぎる。
しかし何故かやめるつもりはなかった。

声をかけられた母は決心がついたのか、自分のを擦り続ける僕のアソコを見た。
静寂の中で2、3分はしただろうか母が口を開く。

「で、どうなの?」
そう僕のアソコは全く大きくならないそれどころかいつもより小さいくらいだ。

やはり母の前でオナニーなど普通できるはずがない。
だがそれを認めるのはプライドが許さない。
「普段はオカズを用意するんだよ!」と教える。
「オカズって何?」と返す母。「いや、エッチな本とか色々…」と聞き取れるか取れないくらいの声の僕。
何とも言えない空間にますます萎む僕のアソコ…。そこで僕自身驚く事を言った。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする