夜の公園でパジャマ姿でベンチに座っている女に声をかけた結果・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】棚からボタ餅とはこのことか・・・

投稿者男性は近所のスナックで飲んで千鳥足で近所の公園の前を歩いていた。するとパジャマ姿の女がベンチに座っている。なんとなく気になって声をかけてみると・・・。

kouen

妻が実家に帰ったので近所のスナックで久しぶりに飲んだ帰り、千鳥足で公園を歩いているとパジャマ姿の女がベンチに座っていた。

気になって声をかけると同じマンションに住む奥さんだった。

挨拶程度しか会話したことがなかったけど、30歳くらいのキレイな人だと以前から気になっていた人でした。
奥さんは、夫婦ゲンカになって、夫が暴力をふるいだしたから飛び出してきたと言った。

携帯も財布もなくて、途方に暮れているところだった。
それにこの季節にパジャマの上に薄手のガーディガン1枚では寒過ぎます。
私は妻もいないしと思って家に連れ帰った。

体が冷え切ってると思う奥さんにシャワーを貸してる間に、余りもので軽くおつまみを作って、出てきてから一緒に飲んだ。
酒が入ると奥さんの口からは、旦那の愚痴ばっかりだった。

でも、1時間ほど飲んでいると、愚痴は夫婦生活、いわゆる夜の愚痴になってきて、急に怪しげな雰囲気になってきた。
実は妻が妊娠してから半年以上御無沙汰だったから、ついつい手を出してしまった。

奥さんも「ダメ……」なんていいながら首に腕を回して、ねっとりと濃厚なキスをしてきた。
パジャマを脱がせて、脂の乗った豊満な胸を揉んで、濡れたアソコを指でいじった。

体を振るわせて「あっ……ああん」と甘い声を出した。
私の股間はすぐにでも発射してしまいそうなほど興奮してきてから、奥さんの目の前に突き出した。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする