道を尋ねるふりをされて廃墟に連れ込まれてレイプされた時の絶望的状況





人通りの少ない道を深夜歩いてたら、車が横付けに。 「すみません、○○駅方面に行きたいんだけど」と運転席の男が声を掛けてきた。 丁寧に道を教えてあげてたら、後ろのドアが開き、男が出てきて私を車の中に押し込んだのです。 その […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする