叔母の性的な慰み者だった僕が昔の風習で熟女の熟れた肉体の虜になった永遠の愛





郷里の叔母が亡くなり納骨を済ませた後、従妹の綾香から数箱の木箱を見せられた。 中を見ると赤ん坊の臍の緒だった。 「弘樹兄さん!それは兄さんの子のだよ!ママは兄さんのこと愛して赤ちゃんを産んだのよ!」 綾香は涙を流し僕に訴 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする