【制裁?】才能のある童貞喰いが趣味の女が目を付けた作家と結婚した結果・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者女性は小柄で巨乳、男好きするタイプだった。趣味は童貞とやること。女性に不慣れなオタク系の男で有名 人になる一歩手前くらいの文学者などにファンレターを出して狙っていた。そして有名になった男と結婚しようと考えていたらある日、結婚を申し込まれるのだ が・・・。

dotei

私は女です。

スペック→149センチ、B90、W58、H82

自信があるわけじゃないけど、普通だと思います。

童貞食いが趣味でした。

というか、女に不慣れな感じの男が好きでした。

オタク系、サブカル系、哲学系、学者系・・・一芸ある童貞をこまして一発ヤるのが趣味でした。

見いだした男が有名になるであろう直前に、自分の写真を入れたファンレターを出すと・・・面白いほどに返事が来ることに快感をおぼえていました。

有名人と出会うことで自己実現をはかっていました。

有名人の彼女でもいいし、妻でもいいし、私を有名にしてくれてもいいし・・・。と思っていました。

まぁ、ヤレるだけでも優越感がありました。

頭がいいとか、才能があるとか、そういう男をイカせることで自分が上だと思えるからです。

 

「結婚しない?」

と、言われました。

次期、直木賞ともくされる作家から、プロポーズされました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする