実の母親と従姉の使用済み生パンティをおかずにオナる事を日課としていた中二の生きがい





当時、中二の俺はオナる事が全てと言っても良いような猿でした。 学校でもしたし、母親の使用済みのパンティも1度手に取ると、嗅いだことの無いような獣臭とアンモニア臭とで夢が広がりング状態だった。 それを毎日風呂場に持ち込んで […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする