おちんちんが大きくなるのはその人が好きなのよという教えを説いてくれた幼馴染の母親





僕は父が嫌いだ。 僕が高校生のとき、僕の幼馴染の明子を納屋の中で犯した。 その後も父は明子に性交渉を強要し、ラブホテルで若い少女の美しい肉体を貪り続け、老いて益々盛んな中年の性欲を満たし、彼女も逆らうことが出来ず、父の欲 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする