スナックの四十路ママに気持ちイイことしてあげようかと耳元で言われて頷いたオッパイ目当ての童貞少年





俺が小6の時、親父と行き付けのスナックに一緒によく行ってた。 ある時、親父が酔いつぶれ、スナック内の店の中の畳の上で寝かされていた。 俺は親父の横に添い寝していたが、店が閉まる深夜1時頃、ママがやってきて俺だけ起こされた […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする