【鬼畜】夜道で出会った泥酔OLに紳士を装って家まで送った結果・・・・・・・・・・・





【体験談】31歳既婚の投稿者男性。夜中にコンビニへ行こうと歩いていると、駅の方からフラフラと歩いてくる女性と出会う。なんとなく下心もありつつ話しかけると意外にも警戒することもなく話してくれる。これはチャンスと思った投稿者は彼女を送ることに・・・。

deisuionnna

彼女は泥酔状態でした。
終電にほど近いに女性が一人でフラフラ歩いていました。
年の頃は22〜25歳と言ったところ。
そそる体とは言えないが、普通体型。
スーツ姿ではあるが、なんだかあどけない感じが抜けない雰囲気を持った子だった。

僕は31歳の男。嫁と子供が眠っているので、ちょっとコンビニに買い出しに行くつもりで外へ出ていた。
そこで、駅の方からフラフラと歩いてくる彼女を発見したのだ。

一旦、彼女とすれ違ったのだが、なんとなく下心が芽生え、彼女に話しかけた。
「大丈夫ですか?」
すると、彼女は眠そうな顔を僕に向け、「だいじょ〜ぶ、ですぅ。」と、愛嬌のある笑顔で答えた。

思わず僕も笑顔になったが、その途端、ふらついた彼女。
僕は、彼女を支える。
「かなり、飲んでますね〜。家は近いんですか?」
「あっち。」と、進行方向を指さす。
『いや、距離を聞いたんだけどな・・・』と、内心では思ったものの、こうなってくると、彼女を放ってはおけなくなってきた。

酔っぱらって夜に歩いていて、声をかけてきた男に笑顔であっけらかんと話すのだ。
僕自身、多少の下心があるが、他の犯罪者的な男に捕まったら、まな板の上の鯉である。
最近の世の中は物騒である。彼女は駅から歩いていたのだ。そう遠くもないだろう。

そう思った僕は、「とりあえず、送りますよ。はい、つかまって。」と、彼女を支えつつ歩きだす。
「お兄さん。やさし〜いですねぇ。」と、若干ロレツがまわっていない口調で話してくる彼女。
「飲むのはいいけど、こんな時間に歩いてると、男に襲われるよ。」
「え〜〜〜。襲われないよ〜。お兄さんだったら襲う?」
「僕は襲わないけど、最近、物騒でしょ?」
「そっかぁ〜。べんきょ〜うになります!」

テンションは非常に高い。
そして、完全に僕に寄りかかって歩くので重い。
しばらく、そんな会話をしながら歩いていた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする