【衝撃】PTAで出会ったバツイチ主婦をある事がキッカケで肉便器にしたった・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性はPTA役員をしているのだがそこであるバツイチの主婦に出会う。少しずつ話をするようになり、時々食事に行き愚痴を聞いてあげたりしていたらある日「寂しい・・」とメールが来た・・・。

benki

今も続いている私の浮気の話をします。
私の子供は小学5年生と2年生です。
PTAの役員をやっていて会合などに月に1回参加します。

また各種イベントの前には週に2回ほど連続で集まることもあります。
そのPTAの役員になって出会ったのが理沙です。
理沙は離婚歴があるいわゆる×1で色白、どちらかというと気が強いほうです。

36歳なのですが、年齢より若く見られることの方が多いようです。
今は実家に両親と暮らししています。
そして子供が1人、小学5年生にいます。

同じ5年生という事もあり、すぐに打ち解けて会合の帰りに軽く食事を食べるような仲になりました。

しかしPTAおばさま方の噂の的になってしまい、それ以来食事に行くことも無く役員の任期が終わろうとしていた時、役員のお疲れ様会をやりましょう、と連絡がありました。

飲み会の当日、仕事の都合で遅れて行くとすでに役員が出来上がっていて大変な賑わいになっていました。
すぐに1次会はお開きになり、ほとんどの人が2次会に行ったのですが、理沙は「すいません」と言って帰ろうとしています。

私は理沙に「送っていきますよ?」と言うと「え?…ありがとうございます」
私は理沙を車に乗せて走りました。

車の中では理沙に役員の愚痴を散々聞かされましたが、最後に「よかったら…もう少し話しません?」と言われファミレスに入りました。
そして更に愚痴を散々話すと「大分楽になったわ、ありがと」と言うとニッコリ微笑みました。
そして携帯のアドレスを交換して、その日から日に2〜3回くらいメールのやり取りをするようになりました。

大抵は仕事の愚痴と子供の話、それとPTAの役員の悪口なのですが、ある時「寂しい」
とだけメールが入っていました。
私は家内に「仕事で遅くなる」と連絡をして理沙に連絡をしました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする