【悲壮】高校の時、不良の先輩の家に行くと奥の部屋でヤラれてる子がいた→顔を見て愕然とした・・・・・・・・





投稿者が人生に一度だけ「インポ」になってしまった衝撃の体験談・・・

投稿者が高1の時、悪友に誘われて不良の先輩が一人暮らしするアパートに行った。早く帰りたかったが引き留められて何をするでもなく座っていると、奥の部屋で変な声が聞こえていた。どうやら男女がコトをしているようだったが、間仕切りの襖が開いて相手の女性の顔を見て愕然とする・・・。

saseko

高一の頃にとてつもなく衝撃的なことがあってインポになった。
ごく短い期間ではあったが、インポになったのは後にも先にもあの時しかない。

高校に入学して何気に入った部活で仲良くなった女の子がいた。
とても可愛らしい子で、笑うともっと可愛らしくなる素敵な女の子だった。

部の中ではその子と話す機会が多くて、俺たちは急速に仲が良くなっていった。
クラスは違ったけれど、その子に会えるのが楽しみでガラにもない天文部なんてものに毎日足繁く通っていたものだ。

俺は彼女が好きだったし、彼女も俺の気持ちには気付いていたと思う。
しかし、そこはそれ、まだ幼いガキの頃の話しで、ましてや今ほど男女の仲がオープンになれない時代でもあったから、好きという光線を全身からビシバシ発しつつも気持ちを打ち明けられない日々が続いたりしていた。

そんなある日、悪友から誘われて先輩のアパートに行くことになる。
当時は、不良でもなくマジメでもなく中途半端なポジションにいた俺は、マジメな友達もいたし、ロクでもない友達も多くいた。

そのロクでもない友達から誘われて先輩のアパートに行ったのは、その頃多分に漏れず必ず下っ端に課せられていたパー券さばきの現物受け取りに付き合ったのだ。

もっとも、俺たちの場合はマッチで、一個10円もしないであろうチームの名前入りマッチを500円で売ってこいというもので、その現物を受け取りにアパートに出向いたわけだ。

高校生の分際でアパートにひとり暮らしをしているような先輩なのだから、説明なんかしなくてもどのような人物かは想像できると思う。

とうに親からは見放され、やっかい払いされたのをいいことに、そのアパートを根城にしてやりたい放題。
あまりお近づきになりたくないタイプではあったが、敵に回すのもやっかいなので表面上は皆従っていた。

その先輩のアパートに行って部屋に通されると、すでに中にはシンナー臭。
4,5人の見慣れない先輩たちがたむろしていて、顔見知りの先輩から「ほらよ」とマッチを受け取る。

そんなところからはすぐにでも退散したかったが、顔見知りのほうもシンナーでラリって多少ハイな状態。
「そう急がなくていいから、ゆっくりしてけや」
と茶も出さないくせに、退去を引き留められ、無理に帰るのも気が引け、渋々友達と部屋の片隅にご厄介に。

 

何をするでもなく、小さくなってかしこまっていただけだが、部屋の様子がおかしいことには気付いていた。
二間ある部屋のひとつは襖で仕切られ、その奥から、かすかに聞こえていた切れ切れの女の声。

あー、やってんのね、とは思いつつも、シンナー臭が漂い、いかにも強面の先輩たちに囲まれた異常な状況下では恐ろしくて興奮なんかするわけもない。

さっさと帰りてぇ、なんて腹の中で思ってたときだ。
一際高い女の声が聞こえ、しばらくして襖が開いた。

パンツを履きながら、「おら、交代・・・」と気怠そうに出てきた先輩の後ろを見て息を飲んだ。
布団の中にもぐりながら裸の上半身を隠そうともしないで、ベッドの上にうつ伏せになっていた彼女。

俺がずっと好きだった、あの女の子だった。

驚いて見つめる俺と彼女の目があった。
彼女は一瞬驚いた顔をし、そして次に俺を見つめながら笑った。

あのいつも見せてくれる可愛らしい顔で、俺を見ながらクスリと彼女は微笑んだのだ。
それはたぶん、今思えばだが、きっと俺を見つけて喜んでいたのではないかと思う。

ただ、たんに無邪気に嬉しがっていた。
あの笑顔にはそうとしか思えない雰囲気があった。
きっと彼女に他意なんてなかった。
そこに俺がいたから喜んだだけなのだ。

 

先輩が部屋から出るのと入れ替わりに、次の男が隣の部屋に入り襖が閉められた。
すぐに彼女の声が聞こえだし、そして俺は震える声で「帰ります」と、それだけを言ってアパートを出た。

声が震えたのは怖かったからじゃなく、どうしても体が震えて止まらなかったからだ。
後から友達が追いかけてきて、俺を心配してくれた。
どこをどう通って家に帰ったのかも覚えていない。

とにかくひどいショックで、頭の中が真っ白になって、そしてその日から俺はインポになった。

 

あれは人生最大の試練だった。
もっとも、たった一週間程度で危機から脱したあたりは、さすがにスケベ根性が強かった高校生ならではと今では笑い話にしかならない。

その子とはその事件以降も、何度か顔を合わせたが、もうまともに彼女の顔を見ることは出来なかった。
俺が避けるようになったからか、彼女も部活にも顔を出さなくなり、必然的に俺たちは疎遠になっていった。

彼女は2年に上がって間もない頃に高校を辞めた。
理由は定かでなかったが妊娠したからという、もっともらしい噂が一時期流れた。

どうやら彼女は例のアパート暮らしの先輩と同じ中学の出身らしく、家も近かったらしい。
彼女に罪悪感があったかどうかはわからないが、その後に友達から聞いた話では中学の頃からヤラせる女の子として有名ではあったということだ。

でも、とても無邪気に笑う子で、ほんとに可愛らしい子だった。
そんな誰とでもやりまくるようなふしだらな女の子には、まったく見えなかった。

 

後日談だが、3年生になって彼女のこともすっかり忘れていた頃、彼女と同じ中学で仲の良かった女の子と偶然同じクラスになり、何かの拍子に彼女の話をしていて知った事実がある。

「あの子ねえ、あんたのコト、ほんとに好きだったんだよ。」
どうやら、彼女も真剣に俺を好きになってくれていたらしく、どうやって俺に告白しようかと悩んで、それをその友達に相談もしていたらしかった。

そして、それを聞いて思ったことがある。
俺だって彼女が本当に好きだった。
あの時の俺がもっと大人で、度量があって、そして彼女をしっかりと叱ることの出来る人間だったら、もっと違った形で彼女を幸せにしてあげることもできたのかもしれない。

本当に彼女のことが好きだった。
何人の男とやってたっていいじゃねえか。
こんな俺でも真剣に好きだって言ってくれるんなら、それに応えられる男になりたい。
色メガネで見るんじゃなくて、ちゃんと叱って、自分だけの色に染めちまえばいいだけの話しだ。

それを、さらりとやってのけられるような男になりたい。
なんてことを思わせてくれるようになったわけだから、少なくとも彼女と出会ったことが間違いだったとは思ってない。

しかし、今さらながらに、あの日、あそこで笑った彼女の笑顔が俺には謎だ。
一瞬驚いて、そして、すぐに彼女は笑った。
三十数年経った今でも、あの笑顔を忘れることはない。
女の複雑怪奇さと怖さを、身をもって知った事件でした。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
読ませますねぇ。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする