深酒した人妻が帰宅後に体の疼きを抑えられず夫だと思って仕掛けた人違いの夜の営み





頼子が久しぶりに深酒した。 午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。 でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか殆ど憶えていなかった。 それでも酒には強い方なので、足 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする