純真無垢で従順な女子大生を性開発して立派な淫女に育てた青春と快楽の思い出





蒸し暑い梅雨の日、星子の女陰に舌を這わせていた。 一間の路地を隔てた向こう側のトタン屋根の雨音に星子の喘ぎ声がかき消されて聞こえまいと、窓を開けたままだった。 星子は身長が170cm近くあった。 それでいて意外とグラマー […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする